化粧品と医薬品を使うこと

眼

2つの特徴

まつげがたくさん生えているように見せるために、女性はさまざまな工夫をしています。たとえば、まつ毛エクステをつけたり、つけまつげをする日本人女性は多くなっています。やはり西洋人に比べて日本人はまつ毛の本数が少ないため、西洋風のメイクをするのに苦労します。西洋人のまつげの本数は120本なのに対して、日本人のまつげの長さは100本程度です。そこで、まつげエクステをすることで対策をしていますが、これはダメージを受けたり抜けやすくなるというデメリットもあります。そういう状況の中、登場してきたのが、まつげの育毛剤と美容液です。育毛剤もまつ毛美容液もまつ毛を増やす効果を持っています。まずまつげの育毛剤の特徴について書いていきます。その効果は次の3つに集約できます。すなわち、まつ毛の発毛や量を増やすこと、毛の生える周期を促進させること、密度を増やすことです。育毛剤には保湿成分が入っているものもありますので、ハリやツヤも出てくるようになるものもあります。一方、まつ毛美容液は化粧品ですので、育毛効果を明記することはありませんが、副作用を不安に思うこともなく高い効果を期待できます。天然成分で構成されているので、敏感肌や乾燥肌の人であっても使用することが可能です。それではこれらの違いは何かというと、ダメージを回復して増やすのがまつ毛美容液の役割であって、育毛剤は頭皮の環境を良くすることで発毛を促すものです。